2014.03.06 Thursday

「ガーフレット寮の羊たち」と クルックド・ハウス

  

「ガーフレット寮の羊たち」第8話の扉絵です。
背景の建物がかなり歪んでいることにお気づきと思います。
これはクルックド(まがった)・ハウスと呼ばれる建物で、
築400年の間どんどんゆがみ続けているそうなのです。

この絵は100年ほど昔の写真をもとに描いたものですが、
現在ではこの絵よりももっと傾いちゃっております。

こんなかんじで 

現在はティールームとして営業中。


昔は Market Cross House (マーケットクロスハウス)と壁に描かれていたようで、その写真が残っています。

マーケット・クロスは、そこに市(マーケット)が立つ印。
なぜクロスなのかというと、商売人が噓をつかない、ごまかしをしないということを、
十字架に誓うため……ということだそうです。