2012.11.21 Wednesday

キャラクターデザイン

連載開始前に書いたラフスケッチから3枚アップ

担当さんと初回打ち合わせのあと、プレゼン用のスケッチにはいりました

担当さんがそのスケッチをまるっと気に入って下さって、連載の企画も通して下さったので、あとは実際のストーリーを考える中で、キャラデザを詰めたり変更したりしました。


アーネストとエドガーは、ほとんど一番最初の設定のまま


昨年の11月ごろに担当さんにお寿司を御馳走になりながら
アナザー・カントリーの話をしたり、
女子校と男子校の独特の哲学的な雰囲気について話したり、
あんな物語にしょう、こんな物語にしようとおしゃべり。

主人公は、素直で優しい愛されキャラにしようと、
外観までその場ですぐに決まって、
そして「相棒キャラが欲しいよね」と担当さん
「相棒いいですよね〜!」とわたし
そのあたりでもうエドガーのキャラは固まってました。
ちょっと過保護なお兄ちゃんキャラにしようと。

(クリックで拡大します)


マーティン卿(クライヴ)の登場もその場で決まって

帰宅後、ちょっと若くした絵を書く努力を重ね(笑)
あ、この絵はまだ大人判ってかんじですね。

下のキャラは、アルヴァート・ヴァロワの初期スケッチです。

ぜんぜんちがいますね(笑)

寮長と髪型や雰囲気がかぶるので、いまのようなキャラデザに落ち着きました。

アルヴァートの決定キャラ↓(ついでにクライヴも)