CATEGORIES

LINKS

CONTACT

お仕事のご相談、作品のご感想は
メールフォームをご利用ください。

Twitter


archives

 

MOBILE

qrcode

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM
2015.04.29 Wednesday

リアル・ガーフレット寮

3月末に英国に取材にいってきました!


ガーフレット寮の内装は、お友達の作家、入江敦彦さんが撮影して下さった写真を参考に 作画しておりました。(入江さん、ありがとうございますー!)


このたび、入江さんに案内していただいて、そのフェントンハウスにも行ってきましたよ〜!


 フェントンハウスとガーフレット寮は建物の外観と構造は違うため、内部であっちとこっちをくっつけたり、または別の建物と組み合わせたりしています。


 リアル・フェントンハウス内部の全体像は、これまで写真から想像していたため、実際に訪れてみて、わあ!ほんとうはこんなだったのね!とか、ああっ!ここにもこんな素敵な場所が!などと、とてもとても、もりあがりました。




ここは、いつものチェスコーナー(*´∇`*) 


他にもいろいろな写真を、Facebookのアルバムにアップしています。


ロンドン→グリニッジ→ブレナム宮殿→フェントンハウス……と順番に並んでいますが、フェントンの写真への近道は、こちら です。



※Facebookアルバムは、登録されていない方もご覧いただけます。


グリニッジ→ウィンストン・チャーチルの生家であるブレナム宮殿→ロスチャイルド家のお屋敷→国会議事堂など→フェントンハウス

Posted by もとなおこ Moto Naoko Works on 2015年4月12日




入江さんの御著書の一部です↓


2014.08.26 Tuesday

「ガーフレット寮の羊たち」第15話・作画中

 

こんな感じで、背景や仕上げ部分を先に描いて、
あとから、人物を入れる場合もあります。
作画工程を、自在に入れ替えできるのがデジの楽しいところですね。


「ガーフレット寮の羊たち」第4巻が、9/16 発売です!



2014.05.24 Saturday

「ガーフレット寮の羊たち」第9話シナリオ公開


noteに「ガーフレット寮の羊たち」第9話のシナリオとプロットを公開しました。


単行本3巻に収録の「ガイ・フォークス・ナイト」のシナリオとプロットです。

ガーフレットの原稿は、プロット→シナリオ→ラフとコマ割→下絵→ペン入れ…の順番で作っていきます。その最初の段階のテキストをnoteに公開してみました。

シナリオには完成原稿になったときに、カットされたシーンもあります。
グッドウッドの個人教授の名前が違っていたり、例のシーンに、カットになった台詞があったり
…変更になった台詞があったり…します。

全文は有料(100円)での公開となります。
同人誌のコピー本のような感じでお楽しみいただければ嬉しいです。
よろしければ、「違った探し」してみてくださいね。

2014.04.19 Saturday

ガーフレット寮の羊たち・第13話制作メモ

ガーフレット寮の羊たち第・13話、描き終わっております。
5月2日発売の月刊プリンセス6月号に掲載です!
どうぞよろしくお願いいたします。

現在は第14話のストーリー作りに入っています。
第14話の掲載は、7月5日発売の月刊プリンセス8月号。
いつもの3ヶ月ローテではなく、一ヶ月早まって2ヶ月後の掲載ですので、こちらもよろしくお願いします。


第13話はグッドウッド主役回です。
彼が入学して2学年に進級するまでのお話。
新入り時のレスターベリー@13歳も登場しますよ。



予告代わりにチラリ。
これはグッドウッドとピアース。
手前の柵の部分はオクスフォードで撮影した写真を参考に描き、奥の建物は、イートン校の校舎を参考に描いて、合成してあります。
柵部分は私が描き、校舎はデジアシさんが描いてくれました。




2014.03.06 Thursday

「ガーフレット寮の羊たち」と クルックド・ハウス

  

「ガーフレット寮の羊たち」第8話の扉絵です。
背景の建物がかなり歪んでいることにお気づきと思います。
これはクルックド(まがった)・ハウスと呼ばれる建物で、
築400年の間どんどんゆがみ続けているそうなのです。

この絵は100年ほど昔の写真をもとに描いたものですが、
現在ではこの絵よりももっと傾いちゃっております。

こんなかんじで 

現在はティールームとして営業中。


昔は Market Cross House (マーケットクロスハウス)と壁に描かれていたようで、その写真が残っています。

マーケット・クロスは、そこに市(マーケット)が立つ印。
なぜクロスなのかというと、商売人が噓をつかない、ごまかしをしないということを、
十字架に誓うため……ということだそうです。


| 1/4PAGES | >>